大阪芸術大学(OUA)と共同で、2005年秋に学生を対象にアイデアコンペを実施し、VAW会員企業数社で2006年をめどに商品として販売する予定です。文系学部と共同でデザイン性と機能性を重視したロボット開発で同産業の新分野開発を狙っています。デザイン重視型ロボット開発に先立ち、まず大阪芸術大学と共同で学生対象の「ロボットアイデアコンペ」実施。6月に大阪芸術大学の構内で学生向けの説明会を開き、今秋に結果発表と展示会を催しました。優秀作品をVAW参加企業の大晃機械製作所、ユウビ造形、吉野金属などが協力して商品化する計画が進行中です。これまで産学連携によるロボット開発は理工系学部との共同が中心で、機能性に偏重する傾向が強かったのですが、VAWはデザインに軸足を移し、エンドユーザーに受け入れられやすい外観を前提に、機能性と環境問題を追求し開発を進めています。関西デザインオフィスユニオン(大阪市浪速区・越田英喜理事長)などの協力も得て、商品化から販路開拓まで一貫して行っています。

Goodsにもどる